ビジネスシーンに必要不可欠なワークフローの話

mainvisual_alt

ワークの流れ

ワークフローという言葉は、英語が元になっています。
「Workflow」
直訳すると、「仕事の流れ」ということです。
ビジネスシーンを駆けまわる人たちが口にする「ワークフロー」というのは、ビジネスの現場で行われている、それぞれの「業務の流れ」なのです。

具体的には、ワークフローを考えることは、仕事の流れを目に見える形にまとめて逐一、確認することをいいます。
ワークフローシステムの中に、仕事の流れを可視化する機能が組み込まれていて、それが利用されるのです。
その機能によって作られる、ひと目で仕事の流れが分かる図のことを、フローチャートといいます。文字通り、流れを図にしたもの。

とはいえ、流れを図にするだけだったら誰でも出来ます。「鉛筆と紙を用意して、文章を書いてファックスする」こう書けばいいのですから。
重要なのは、そのようにしてまとめた仕事の流れ図を、実際の業務にどう活かしていくかということなのです。
そこで、ワークフローシステムが複雑な働きをしていくわけです。

現在では、このシステムはコンピュータ・システムとして、企業に取り入れられています。
仕事の流れを確認することは、何かをしようとするとき、その前提となる事柄です。なぜなら、最初に何をやるべきかまとめているかいないかでは、仕事の効率が違ってくるからです。
ここで、このシステムについての疑問とそれに対する答えを見ていきながら、そのことを考えていきましょう。

注目の質問

何のために?

ワークフローが大事!って言われるの、正直言って耳にタコができてるんですけど。実際のところ何でコレをしなきゃいけないわけで…続きを読む

グループウェア

横文字が苦手です。最近、ようやくワークフローの意味が分かってきて、なるほどフローチャートを書くんだなというとこまでは理解…続きを読む

ペーパーレス化

ワークフローって「仕事の流れ」っていう意味なんですよね。「仕事の流れを図にする」ってことですよね?その上で、ペーパーレス…続きを読む